叶えたい夢を実現させるために本当の自分と向き合うってことは、死にそうなぐらいとても大変なことだったんです。

3年ぐらい前からついこの間までとあるセミナーに通っていた。
そう、通っていたという過去形。
現在は、とある事情で通っていない。
いや、とある事情と誤魔化すように言ったけど、わたしの弱さと責任力のなさが原因で行かなくなった。ずっと実現させたかったことがあったけど、それも叶わないまま終えてしまった。いや、正しくはこれ以上は恐くて逃げてしまったんだ。
 
始めたときは、なんか自分が特別な存在になったような気がして嬉しかった。
諦めていたことが、まだ間に合うってわかって嬉しかった。
ここでは、わたしと同じ悩みを持っていたりするいろんな人がいて、
こんな自分でも受け入れてくれる温かい居場所ができて嬉しかった。
違う世界に来たようで、初めて生きている感覚がした。
 
でも、その世界は思った以上に厳しくて、大変で、しんどくて、何度も何度も泣いて、家に帰っても泣いて、この辛かった世界から抜け出すはずが、どんどんどんどん暗い殻に納まり始めて、とうとう出れなくなってしまった。
 
そもそもなんでこのセミナーを続けていたかというと、
とある人とコミュニケーションが取りたかったからだ。
とある、わたしにとっては大切な人。
その人を助けたかった。救いたかった。支えになりたかった。
でも、もうそれも無理なのかもしれない。
そのために100万円使った。いまや貯金はすっかりゼロだ。
 
もう、私には無理だったんだと、ぜんぶぜんぶ忘れようと思って、
この数か月、好きなことして今までのこと考えないようにして過ごしてきたけど、
もう考えなくてもいいことを考えなくても生きていけるはずだと思っていたんだけど、
でも一度知ってしまったことは考えずにはいられない自分がここにいた。
 
そんなわけで、毎日毎日、もう一人の自分との戦いが行われている。
上に行きたい自分と、下に引きずり落そうとする自分。前に進もうと自分と向き合おうとする自分と後ろに下がって自分を傷つけようとする自分。
心が壊れそうだ。今までにない以上の生き地獄が始まっている。
右も左も前も後ろも、どこにもいけない。 
死ぬ気でもう一踏ん張りすればよかったことぐらい、わかってる。

でも、選択したのは自分だ。

どうにも動けなかった自分に宿った小さな光の入口を見つけたけど、それを自分で閉ざした世界で、このさき生き抜くしかない。原因が分かっているのに悔しいね。

こんなことしか考えられない自分が本当に情けなくなった。